「引越し達人セレクト」見積もり

目次

1.引越し前に確認すること
2.賃貸借契約の解約手続き
3.部屋(物件)を契約する際に注意すること
4.引越し会社を決める期日
5.引越しの荷造り
6.不用品の処分
​7.部屋の明け渡し

 

1.引越し前に確認すること

引越しが決まった時、まず確認すべきことがいくつかあります。
引越しする日、賃貸物件であれば解約手続き、どの引越し業者に頼むか、不用品の処分、地自体への届出・・・

早めに確認しておきたいですね。

引越し場所(距離や県外かなど)の確認、家族(子供の転校手続きなど)のことのありますし、各人によって手続きは違ってきます。
 

2.賃貸借契約の解約手続き

部屋(物件)が賃貸物件の場合、管理している不動産業者や大家さんに「賃貸物件の解約通知(解約手続き)」の手続きを行います。

賃貸借契約解約の手続き方法は「賃貸借契約書」に記載されています。しっかりと確認しましょう。


各自の契約書の確認は必要ですが、一般的には「退出する1ヶ月前までに口頭、または書類によって伝える」ケースが多いようです。
ただ、2ヶ月前、3ヶ月前までに連絡する契約になっているケースもあります。
なので、引越しすることがわかったら早めに賃貸借契約書を確認しましょう。
もし、契約書が見つからない、紛失したかも・・・という場合は、早めの連絡が必須ですね。

退去日と新居に住むタイミングも大事になります。
あらかじめ引越し日が決まっていれば、解約手続きはスムーズにできるでしょう。
ただ、良い部屋(物件)が見つからない、見つかってから引越ししたいと考えている方は、期限を気にしながら、部屋探しをしていく必要がありますね。

賃料を払って余裕を持って引越し準備をすることもできますが、その分、お金が発生してしまいます。余分な出費は避けたいところです。
 

3.​部屋(物件)を契約する際に注意すること

気に入った部屋(物件)が見つかって、賃貸借契約を結ぶ段階に場合でも、まずは「家賃(賃料)の交渉」を行います。

必ず「入居申込み前」に家賃などの条件交渉をしておきましょう。
入居審査が通過してから、その後に交渉しても上手くいかない場合があります。大家さんや不動産管理会社などとトラブルになったり、迷惑かけてしまうこともあります。


家賃(賃料)の交渉
家賃の値下げ交渉はダメもとでも交渉してみましょう。
必ず家賃が下がる保証はありませんが、大家(オーナー)や不動産業者側としても、1日でも早く契約をしたいでしょう。入居者が決まれば家賃が入ってきます。基本的に家賃は、若干高めに設定してあるケースが多いです。気持ち数千円でも安くしてくれればラッキーですね。初めから家賃を低くしてすぐにでも決めたいという物件もあります。

家賃が下がらなくても敷金や礼金を下げてくれる場合もあります。ただ、値下げばかり言っても、相手に嫌な思いをさせてしまいます。長い付き合いになるので、節度を持って、気持ちよく契約したいですよね。

 

4.引越し会社を決める期日

引越しすることが決まったら、引越し会社探しですね。わかった時点で早めに決めたほうが精神的に余裕が持てます。早期割引だったり、料金交渉したりと金銭的にも有利に働くことがありますし。


独身の方で一人暮らしであれば、約1ヶ月前くらいでしょうか。遅くてもせいぜい2週間前には決めておきたいところです。

家族で引越しする場合は、できれば2ヶ月前くらいだと様々な手続きがあるので余裕が持てます。荷造りも大変なので3週間前ぐらいには決めましょう。


ギリギリになってしますと引越し業者が見つからなかったり、料金が高い業者になってしまうこともあります。特に2月〜4月は会社の人事異動や大学1年生の引越しだったり、引越し業者は繁忙期になります。わかった時点で業者を決めることが先決です。

また、プチアドバイスとしては、引越しの希望日を2〜3日ピックアップしたほうが良いでしょう。選択肢が広がりますし、その結果、料金が安くなる場合もあります。
 

5.引越しの荷造り

意外に大変なのが荷造りです。部屋の中にあるものをダンボールに詰める作業は面倒です。けれども避けては通れない作業なので、計画的にやっていくしかありません。

引越し業者によっては、荷造りもしてくれるプランがあります。壊れ物や大切なものを壊したり、傷つけることなく運べるので安心です。一方、その分、引越し料金が高くなる要素にもなります。私は引越し費用を少しでも浮かすため、家族でやりました(汗)

けれども業者に任せると時間の節約になります。事前にプランがあるかどうか確認してみたほうが良いでしょう。
 

6.不用品の処分

生活をしていると滅多に使わないものが出てきます。いわゆる不用品ですね。使わないものは思い切って処分してしまいましょう。荷物が減ればその分、楽になりますし、費用も多少は下がるかもしれません。断捨離をする良いタイミングと捉えて、思い切って減らしましょう。

新しい部屋で物が少ないって気持ち良いです。知らない間に増えていってしまうものですが・・・

処分の仕方は、
・粗大ゴミ
・引越し業者に依頼
・ヤフーオークション、メルカリなどに出品
・リサイクルショップに売る
・友人や後輩にあげる
などなど。

私ならネットで売ることを最優先します。
わざわざ写真に撮らなくても出張買取に来てくれるサービスもありますし。

家族が好きなスシローに行くぐらいのお金は稼ぎたいですね。
 

7.部屋の明け渡し

引越し準備が終わり、部屋の明け渡しの段階に入ります。

愛着のある住まいからのお別れになりますね。

ざっと部屋を明け渡すまでの手順を紹介します。

大家さんまたは物件管理をしている不動産業者と事前に連絡を取り合り、引越し作業日が終了する日時を伝えておきます。

例えば、「3月25日16時」に引き渡しします!

という感じでしょうか。
引越しが近い場合には、引越し当日ではなくても、改めて後日、明け渡しをすることもできます。
打ち合わせ次第では、明け渡しの際に立会いしなくても良い場合があります。事前に確認しておきましょう。


念のため、忘れ物がないか最終確認をして、掃除をしておくと丁寧ですね。

大家さんなどの立会い者がいる中で、部屋の状況を確認してもらいます。
そして、鍵屋合鍵(スペアーキー)など借りていたものを返却します。
無くしてしまった場合には、弁償という形で負担が発生してしまうかもしれませんので、注意が必要です。

物件次第によって明け渡し方法の違いはあるでしょうが、大まかな流れとなります。

敷金については当日、返金されることはあまり聞いたことがありません。後日、銀行に振込みされることが多いと思います。
 


「引越し達人セレクト」見積もり


ブランド品買取【スピード買取.jp】

【プロフィール】

当サイトの管理人MASAです。ネットは便利です♪同じことをするならば、お得に、安くが一番。楽しみながら得する情報を探しています。詳細なプロフィール→こちら

© 2019 引越し rss